« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

いちごを畑に植えましょう

作業 2008年12月1日

愛原社長: こんばんは。みかんの皮と紅茶のティーパックをゴミ箱に放り込んでいたら、数日後に湯気が出てきた愛原社長です。

リコ こんばんは。しおしおになったみかんをどうするか迷っているリコです。

ファルディオン こんばんは、今年はみかんを未だに食べていないファルディオンです。

リコ 数日後に湯気が出てくるのですか・・・

リコ 発酵ですかね。はたまた爆発?

ファルディオン 爆発!

愛原社長: リコ。あげたらいいじゃん。みかん食べてない人に。

リコ ああ、んじゃ、贈ります

ファルディオン あ、どうもありがとうございます

愛原社長: これですべて解決。

ファルディオン 円満ですね

リコ 社長の家のゴミ箱以外円満解決

愛原社長: まぁ、ゴミ収集車が持っていったよ。

リコ 収集車の中で爆発か・・・・ドキドキ

愛原社長: とりあえず畑でみかんは作ってないので、こっちで我慢してください。

01a

リコ ドクダミ!

ファルディオン いちご!

愛原社長: ドクダミ・・・作ってない・・・。

リコ 万能なのにー

愛原社長: そこら辺に何ぼでも生えてるだろ。

ファルディオン ドクダミを植えたらファームが支配されてしまいそうですね

リコ あえて畑で。

01b

愛原社長: 苗がこんな風に出来上がっています。

リコ おお、立派な苗ですね

愛原社長: 根っこが倍増しましたね。

ファルディオン 以前に比べてこんなに頼もしくなって・・・

リコ 寒くても育つもんですね

愛原社長: 苗を作るときに残しておいたランナー(茎)を畑の内側に向けるようにして植えていきます。

01c

ファルディオン 綺麗な整列ですね

愛原社長: こうすれば通路のほうに実がなって収穫しやすいです。

愛原社長: だいたい30センチ間隔で植えてあります。

リコ ビニールとかはかぶせないのですか?

リコ ハウスな感じに

愛原社長: しないよ。

リコ スパルタですね

ファルディオン 寒くなるけれどもスパルタですか

愛原社長: 土にかぶせるのは、春にするけどね。

リコ なるほど

愛原社長: どうせ冬の間に葉っぱが枯れるし、今はいいよ。

リコ クリスマスの飾りに使ういちごを作っているわけではないのですね

愛原社長: それはハウス栽培だろ。

リコ 収穫はもっと先かぁ

愛原社長: イチゴの旬は初夏です。

愛原社長: 一回寒さに当たらないと実がならないよ。

リコ なるほど!

ファルディオン そうでしたか!

愛原社長: ハウスのは苗を冷蔵庫で冷やして、冬を疑似体験させてる。

愛原社長: まぁ、わが畑では旬の味をたのしみましょうよ。はははは

リコ 天然物ー!

愛原社長: うん。それが一番おいしいよ。

(おわり)

FC2ブログランキング
ランクアップ協力クリックありがとうございます

CHIAKI’SいちごBOOK Book CHIAKI’SいちごBOOK

著者:千秋
販売元:産業編集センター
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまねぎ大量生産プラン

作業 2008年11月26日

愛原社長: こんばんは、チョコラBBを飲んで小便が黄色くなった愛原社長です。

リコ こんばんは。野菜スープのおかげでちょっと健康気分なリコです。

ファルディオン こんばんは、温かいお茶で日々癒されているファルディオンです。

リコ チョコラBBの効果で、語るべきはそこではないと思います

ファルディオン 流石社長、目の付けどころが・・・

リコ 他にもあるでしょうー

愛原社長: ん?昔に買ったのが使用期限が2ヶ月過ぎてたから、一生懸命飲んでるんじゃ。

リコ ・・・語るべき効果は他にはないようですね

愛原社長: うむ。廃品処理みたいなもんじゃよ。はははは。

リコ 特に異常がないならいいですね。ははは

ファルディオン 健康に被害がなければ・・・ははは。

愛原社長: さて、余りものには福があるってことで・・・・植える準備をしましょう。

26a

ファルディオン とても畑が広くなったような気が

リコ 岸本さんです

愛原社長: それじゃあ意味わかんねーよ。

愛原社長: まぁ、あるところから余った苗をもらってきました。

26b

リコ 秘密のルートですね

愛原社長: 別に秘密でもなんでもないけどな・・・・

ファルディオン 立派な苗のご到着です

愛原社長: こっちは、ちょっと色違い。

26c

リコ こっちは赤いですね

愛原社長: ええ。赤いです。

ファルディオン 根元がほんのり赤く

愛原社長: ふたつの苗は玉葱です。

リコ いくつあっても困らない万能野菜ですね!!

愛原社長: この苗をさっきのところに一本ずつ植えていきます。

愛原社長: 万能なのはいいけど・・・・一本ずつって・・・・。

リコ 田植え田植えー

愛原社長: 田植えちゃうわい!

リコ 腰がボッキボキになりますね

ファルディオン 地道な作業ですね

愛原社長: とにかくめんどくさかったわい。

26d

リコ おお~、お疲れ様です

リコ やり遂げてあった

ファルディオン これだけの量を1本ずつ!

愛原社長: 普通のたまねぎ90%。赤玉葱10%って割合でしょうか。

ファルディオン 赤いものと緑のものとでは完成体が色違いになるのでしょうか?

リコ 一緒なら一緒でもおもしろいですね

リコ 赤どこいったんだ!?みたいな

愛原社長: 赤たまねぎって知らない?

愛原社長: サラダ用とかにあるじゃん。

ファルディオン ・・・見たことがありませんでした

愛原社長: へー、そうなんだ。

ファルディオン ファームで是非赤タマネギとやらの正体を。

愛原社長: 6月ぐらいになればわかるんじゃない?

愛原社長: とりあえず玉葱って、こんなに手間のかかる野菜なんだね・・・。

愛原社長: 植えたところは、さらっと流したけど・・・・この量はごっつい苦労だっただからな!

リコ まだ手がかかりますか

愛原社長: それは知らん。

愛原社長: 今後の楽しみじゃ。

ファルディオン 育てる方では手のかからないいい子であるといいですね

リコ 今後はきっと勝手ににょきにょき育ちますよ

愛原社長: とりあえず、玉葱の増産体制が整いました!

愛原社長: 心置きなく泣いてくれ!

リコ みじん切りの準備して待機しております

(おわり)

FC2ブログランキング
ランクアップ協力クリックありがとうございます

やせる!たまねぎジュースダイエット―簡単な作り方&おいしい飲み方 (別冊すてきな奥さん) Book やせる!たまねぎジュースダイエット―簡単な作り方&おいしい飲み方 (別冊すてきな奥さん)

著者:松生 恒夫
販売元:主婦と生活社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪が積もる。そしてスティックブロッコリー

作業 2008年11月20日

愛原社長: こんばんは。ウイルスバスター2009にアップデートできない愛原社長です。

リコ こんばんは。PCを買い換えたいリコです。

愛原社長: なんだって!?

リコ なんでアップデートできないって、なんか食いついた!

愛原社長: まぁ、私はウイルスバスターとは相性悪いんですわ。なぜか。

愛原社長: 新PCだって!?いいじゃないか。

リコ 買い換えた、ではなくて、買い換えたい、ですよ?

愛原社長: あ?願望?

リコ 希望ですよ?

愛原社長: なーんだ。勝手に買い換えてろ!!

愛原社長: うらやましがって損したぜ。くぅぅぅぅぅ

リコ なんかキレたし!

愛原社長: まぁ、畑が大変なことになってます。11月後半になったばかりだってのに・・・

20a

リコ 大雪!

愛原社長: さみぃぃぃーーーちゅうの。

リコ 埋もれてますね

愛原社長: こんな時期に降るか?雪が?

リコ うちのほうは、まだまだそんな気配ありません

愛原社長: 野菜もまだまだ健気に育っているというのに・・・そんなに寒くするなよ・・・

20b

リコ ぶろっこりー

愛原社長: スティックブロッコリー。

リコ 寒さに耐えてますか

愛原社長: ブロッコリーは寒さに強いから、大丈夫じゃないかな。

愛原社長: テッペンのは大きくなってますが、わき目がスティック状に伸びてるでしょ?

リコ おお!

リコ スティック!

愛原社長: たしか、ブロッコリーとカイランの合いの子らしいですよ。

リコ 寒さにくらい強くないと、生き残れないわ!みたいな子ですね

20c

愛原社長: てっぺんの大きいやつを収穫しました。

リコ ブロッコリー オンザスノー!

愛原社長: さっと茹でて食べるとうまいね。

リコ 新鮮そうですね

愛原社長: わき芽もグングン伸びたら逐一収穫していくぜ!

愛原社長: スティックブロッコリーの季節到来だ!

リコ グングン伸びて、ジャンジャン収穫して、バリバリ食べますか

愛原社長: ええ、わが社の業績もスティックブロッコリーにあやかってグングン伸びます。

(おわり)

FC2ブログランキング
ランクアップ協力クリックありがとうございます

野菜園芸大百科〈16〉キャベツ・ハナヤサイ・ブロッコリー Book 野菜園芸大百科〈16〉キャベツ・ハナヤサイ・ブロッコリー

販売元:農山漁村文化協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »